孫の七五三|いつ、何をする?祖父母のお祝いや内祝いの相場は?

『七五三とは』
7歳、5歳、3歳になった子の健やかな成長に感謝し、今後を祈願する行事です。
今は全国で盛んですが、江戸時代は関東の地方風俗だったようです。

でも、七五三の概要は知っていても、
『いつ、どうやって祝えばいいの?』
『お祝い金やお返し(内祝い)の相場は?』
『喜ばれるプレゼント、どんなものがあるの?』
こういった事柄について、七五三の由来や役に立つ内容をまとめました

この記事を参考にかわいい子や孫の七五三を祝って下さいね。

七五三:お祝いの意味

七五三が全国的に広がり始めたのは江戸時代ですが、発祥は平安時代の宮中からです。むかしは幼児の死亡率が高く、成長した子を祝うため年齢に応じた儀式を行っていました。

【髪置き】3歳の男女、2歳までは髪を剃っていた子の髪を伸ばしはじめる
【袴着】 5歳の男子、はじめて袴(はかま)をつける
【帯解き】7歳の女子、はじめて帯を使いはじめる

七五三で羽織、袴、着物を着るのは、宮中や公家(くげ)が行う行事の流れからでしょう。

七五三を祝う年齢は数え年? 満年齢? いつ行う?

むかしは数え年(生まれた時に1歳、翌年に+1歳)でお祝いしていましたが、最近は満年齢でお祝いする人が多いようです。

でも、『子の成長を祝い、健やかに育つよう願う』のにキッチリした取り決めはありません。

家族のスケジュールや、兄弟の年齢差(兄は満年齢、妹は数え年で一緒に行う)など柔軟に効率的に行うのは問題ないと言えます。

男の子は5歳の時だけ祝う家庭も多いようです。

また、七五三を祝う日は、一般的には【11月15日】なんですが、家族や遠方の祖父母のスケジュール、昨今の社会状況(コロナ)などを踏まえ、ここも柔軟に決めましょう。

例えば、スケジュール調整がしやすい夏休みに、お祝いや記念撮影するのもアリですね。

スポンサーリンク

七五三って、なにをするの?

普段とは異なる装いをし、写真撮影を行い、神社でお参りし、みんなで食事をする。

一般的な七五三行事の流れは4区分あります。

・装い
・記念撮影
・お参り、御祈祷
・食事会

時間配分や移動など、少し慌ただしい感じがしますが、三番目の御祈祷を中心に予約や手配が必要です。参加する人のスケジュールを合わせたら、速やかに神社の予約取りをしましょう。

次いで、装いをどうするかですが、多くの家庭ではレンタルを採用しています。また、女の子の場合、着物の着付けやヘアメイクなどがあり、案外時間がかかります。

お参りの時間を考慮して、余裕をもって衣装/着付けの予約をしましょう。

記念撮影は神社に併設された写真スタジオの場合もあれば、専門スタジオもあります。

移動の手間を考えると神社併設のスタジオが効率的ですが、馴染みのスタジオがあればそちらでも構いません。着付け後、御祈祷までに無理のない手配をしましょう。

最後に食事会ですが、外食でも自宅でも良いと思います。でも、お母さんの心労や手間暇を考えると、外食が一般的です。

主役の子が好きな食事ができる『場』を考えながら手配してあげましょう。

ここで気になるのが七五三の総予算です。一般的な予算を示します。

■貸衣装、着付け、ヘアメイク
:1万円~(レンタル)
■写真撮影
:5000円~(フォトブック込等は数万円)
■御祈祷料(初穂料)
:5000円~(神社確認要)
■食事代
:数万円

着物を買ったり、出張カメラマンを使ったり、フォトブックを何冊も作ると予算も跳ね上がります。お金をかける費目、節約する費目を整理し、妥当な予算を組みましょう

・貸衣装は、着付けやヘアメイク料込か、何着か着替えが可能か確認しておく
・写真撮影は、基本料金とオプション価格など事前に調べ、予約時に確認する
・初穂料は、神社予約の時に金額を確認しておく
スポンサーリンク

祖父母からのお祝い金の相場

七五三の総予算はだいたい数万円くらいから10万円程度になりそうです。それなりの金額ですが、さて、祖父母からのお祝い金の相場はどれくらいでしょうか。

孫の場合、金額の目安は1万円から3万円です。
姪や甥の場合、5000円から1万円です。
知人の子の場合、3000円から5000円です。

七五三は家族で祝うものなので、親戚や知人の子に必ずしもお祝いを渡す必要はありません。しかし、以前、七五三のお祝いをもらった場合や関係の状況に応じて対応すれば良いでしょう。

また、祖父母も食事会に参加する場合、食事代を持つことで相殺したりする形もあります。同様に、レンタル衣装代や初穂料を出してあげるなど、やり過ぎない範囲でお祝い金を渡せば良いと思います。

お祝い金を渡す時期は?

七五三行事を行う日取りを予め確認しておく必要がありますが、両親が七五三のお金を支払う時期の2~4週間前あたりに渡すのが理想的です。

ただし、クリスマス(12月)や正月(1月)にも孫にプレゼントやお年玉を与える場合、11月の七五三にあまり過剰なお祝い金は必要ありません。

スポンサーリンク

七五三のお祝いをもらった時のお返し(内祝い)について

七五三は子の成長を身内でお祝いするものなので、お返しは必要ないとの考え方もあります。でも、もらったのにお返しをしないのは気が引けるのも事実ですね。

そこで、感謝の気持ちを込めてお返し(内祝いギフト)をしましょう。あまり豪勢な返礼品は不要ですが、妥当な金額(3000円~5000円程度)の記念品や消耗品を贈るのがおすすめです。

例えば、フォトブックは喜ばれる返礼品の一つです。
七五三の記念写真と共に、撮りためてあるスマホの画像をアップロードし、デザインを選び、レイアウトを決めれば、本格的なフォトブックが作れるオンラインサービスです。

PCでもスマホでも操作可能で、価格も数1000円程度で依頼できます。

パーフェクトフォトブック 株式会社グランドアドレス

カメラのキタムラ おすすめのフォトブック

スポンサーリンク

七五三のお祝いに喜ばれるプレゼント

七五三のお祝いに、子供が喜ぶプレゼントを考えている方もいらっしゃるでしょう。本格的なプレゼントはクリスマスに譲るとして、子の成長を祝うプレゼントを選んでみました。

フォーマルなスーツ

男の子は羽織や袴、女の子は着なれない着物で少し窮屈な思いをする場合もあります。そこで、写真撮影の後の着替え用として、スーツを贈ってはどうでしょうか?

フォーマルなスーツがあると、七五三だけでなく入学式や結婚式などでも重宝します。

知育玩具

七五三の年代の子へのロングセラーとしてレゴがあります。とても種類が豊富で、選ぶのに苦労するほどですが、男の子/女の子それぞれに楽しいレゴが揃っています。

文具収納バッグ

絵を描いたり、字の練習をしたり、文具が散乱し始める頃です。散らかった文具を収納する、こういったバッグはいかがでしょう。

実はこのバッグ、コスメバッグとして使っている人もいるそうです。親子で色違いを所有するのも楽しそうです。

スポンサーリンク

まとめ

七五三は子や孫の成長を祝い、健やかに育つことを願う家族的な行事です

人生100年時代と言われ、幼児の生存率も高まった今日でも、子どもの成長は嬉しいものです。

七五三の祝い方や時期についても柔軟なとらえ方があることを説明しましたが、お祝い金や返礼品の扱いは相手との関係を重んじ、大切に思う気持ちや感謝の気持ちを伝えましょう

七五三は人生の中でも数回しかない特別な日です。

主役の子と共に、親や祖父母にも良い思い出となる一日にしてくださいね。

最新情報をチェックしよう!