定年後は暇?セカンドライフを充実させるオススメの過ごし方

そろそろ定年を意識する50代が想像する『退職後の生活や暮らしぶり』のイメージは?

定年後は死ぬほど暇なのか?
定年後の生活資金は充分なのか?
定年後、老け込む人も多いが・・・ など

こういった不安の対応法や定年後の過ごし方について、(広くはありませんが)経験を踏まえ、お伝えしたいと思います。

筆者略歴:
役職離任 ~ 定年 ~ 再雇用 ~ 退社(63) ~ 個人事業主
そして、先日の誕生日でめでたく65歳、立派な『前期高齢者』の新人となりました。

定年前の不安解消や、定年後の過ごし方などについて、この記事が何かのヒントになれば幸いです。

定年前のモヤモヤした不安のあれこれ

人生100年時代とか、老後2000万円問題など、そして何より、
通勤と仕事で10時間/日ほど使っていたが、これから毎日10時間のフリーな時間が生まれる!

『1万日』ってピンときますか? 大体27年です。 オギャーと生まれ27歳となる年月。
定年後の平均余命が大体これくらいだそうです。(男性は少し短いですが)
定年後の1万日をどのように過ごすか?、モヤモヤとした不安になるのも無理ありません。

定年後の第二の人生に向けて悩んでいたり、不安に思っている方は大勢います。

・定年退職者です。暇のつぶし方で困っています。毎日することがなくブラブラしています、何か面白い暇のつぶし方はありませんか。
・毎日暇で散歩又読書をしていますが皆さんは毎日何を楽しんでいますか、教えてください 。
・私の父は63歳ですがここ数年急激に老けているような気がします。今思うと定年を迎え退職してから急激に・・・と言う感じに思います。
・退職後、毎日ずっとテレビ見っぱなしで辟易します。今日も父は家で薄暗い中テレビを朝からずっと見ています。
・年金生活に入り収入もたいしてなくこれといった趣味もなく毎日が退屈で死にたいくらいです。何かお金がかからず暇をつぶせることはありませんでしょうか?
・そろそろ、シニアライフの計画を立てたいと思っていますが、自分が老後何をしたいのかが、わかりません。
・去年主人が仕事を定年退職でやめ、家でのんびりとしてる日が多くなりました。しかし、一向に家事を手伝ってくれようとはしません。
・長男でもあるから、定年後退職したら、田舎の実家の農家を継ごうと考えてきましたが、家族と別居(妻は田舎では暮らせないという)では難しいという現実に突き当たっています。
・58歳、老後の生活、気持ち、考え方、教えてください。ただ、趣味も無いし、やりたい事も無い。皆様はどうやって引退後の生活をされていますか?
・老後2000万貯められなかった人は将来どうなるの?
・2400万円で、老後20年くらい食えますか?+国民年金6.5万円/月

引用:教えてgoo

定年後暇でやる事がない、老後資金、身体の衰え、パートナーとの関係など、悩みの種は尽きません。
これらの不安は、中高年の4K(孤独、お金、健康、家族)問題に集約されます。

『自分自身の4K問題』として状況を整理し、解決の道筋を見出す

あなたは幽霊が怖いですか? 少なくとも積極的に遭遇したいと思っている人は多くないでしょう。
なぜ、幽霊が怖いのか? それは、幽霊が良く分からない存在なので対応方法が分からず怖いのです。

ポイントは、『分からないモノの実態に光を当てる』ことです。
モノの正体が見えてくれば(状況が整理できたら)対応方法(問題解決の道筋)が見えてきます。
幽霊だと思ったモノに光を当てると枯れ木だった、的な問題の解き方です。

中高年の4K問題も同じです。
自分自身の問題として認識し、自身の状況を整理し、自分の解決方法を用意しましょう。

孤独:定年後、毎日の自由な時間に何をしたらよいか分からない・・・
➡ 何が嫌いで、何が好きなのか、何が得意か、こういった中からやりたい事を見つける
お金:年金だけで大丈夫か、老後2000万円必要と言われるが・・・
➡ 我が家の収支と資産はどうなっているか、しっかり調べて準備する
健康:年々、体力や筋力が落ち、疲れが抜けにくい気がする・・・
➡ 年相応に体力や筋力を維持し、健康寿命を延ばす
家族:(特にパートナーである)配偶者との日常関係、親や子、孫との関係・・・
➡ ほど良い距離感を保ち、身近な人を大切に思い、感謝して生活する
スポンサーリンク

定年後の『孤独』に向き合い、やりたい事を見つける

これまで何十年も、決まった時間に起き、通い、多くの人に会い、定められた事を行って来ました。
定年退職後は、決まった時間に起きなくても、通わなくても、人に合わずに、決まった事をしなくても良くなります。良く言われる『毎日が日曜日』になります。心の底から解放感に浸れます。

でも、何もしないとほんの一か月で夢のようだった解放感は消え、『暇』で『退屈』な時間に変わります。定年後は、これまで経験したことが無いほどの生活の変化に向き合う必要があります。

なんの準備も無いままに定年を迎えると、こうなってしまう可能性があります。

  • 暇で暇で死にそう、何かやる事はないか
  • 気が付くと、ゴロゴロしてテレビばかり見ている
  • 家族から白い目で見られ居場所がなくなる など

嫌いな事、やりたくない事、と、好きな事、やりたい事

定年後の過ごし方の軸となる『人生プラン』を楽な気持ちで考えてみましょう。
大上段に残り人生の目標などと構える必要はなく、

  • 嫌いで、やりたくない事
  • 好きで、やりたい事

は、何だろう? 自分の得意な事は? このあたりのリストアップから始めれば良いと思います。
達成の難しいゴールを設定せず、出来れば、シニアになっても、一人でも継続できる事を中心に、

むかしから挑戦してみたかった趣味や習い事
あなたの得意技(経験やスキル)を活かした仕事や社会貢献
衰えてくる体力や筋力アップのための筋トレやヨガなど
生活を廻すための家事能力の習得(料理や掃除、洗濯)など

『暇』で『退屈』な時間をつぶすために、
毎日図書館で新聞や雑誌を読み、帰りにマックのコーヒーを飲み、公園を散歩して、夕方帰宅する・・・悪くないだろう。
でも、これ以外にする事が無いのは、もったいない人生だと思います。

定年後の一万日を過ごす人生プランを考えるネタとして、下記記事も参考にしてください。

関連記事

シニア世代になると仕事や子育ても一段落し、自由になる時間がたっぷり増えます。 真面目に仕事や子育てを行ってきたシニアですが、定年後の第二の人生では、 ・ 無趣味でゴロゴロしながらTVをなんとなく見ている ・ 自分のやりたい趣味が見[…]

関連記事

定年後・老後に何か趣味を始めたいけど、「せっかくならボケ防止・認知症予防に効果のある趣味にしたい」とお考えの方も多いでしょう。 セカンドライフも生き生きとした人生を謳歌するために、自分が楽しめる趣味を見つけることはとても重要なポイント[…]

【老後の趣味】ボケ防止や認知症予防にオススメの老後の趣味10選
関連記事

近年、Facebook(フェイスブック)やTwitter(ツイッター)、Instagram(インスタグラム)などのSNS(ソーシャル・ネットワーク・サービス)がとても人気があり、若者だけではなく、シニア世代や高齢者の利用率も高くなってきてい[…]

シニア・高齢者がSNSを利用するメリット&おすすめSNSを厳選紹介
スポンサーリンク

定年後の『お金』に向き合い、今後の収支や資産状況から冷静な準備をする

高齢者の貧困とか老後破産などのイメージに惑わされず、冷静に我が家の収支を把握しましょう。
50代中盤から70歳くらいまでの年間見積りを行ってみる。(支出、収入、預貯金、資産)

■ライフステージ毎の支出
・生活費:固定費(保険やお小遣い)、変動費(食費や交際費)、特別支出(旅行など)
・ローン残債、特別予算(住民税や固定資産税、リフォーム積立て、親や子への援助など)

■ライフステージ毎の収入
・給与と年収
・退職金(あれば企業年金)
・年金受給額:夫婦二人であれば世帯収入

■ライフステージに応じた預貯金や資産の変動
・預貯金、土地や家屋、株などの資産の暫定評価

いの一番で抑えるパートは支出

毎月の生活費と共に、定年時のローン残債や完済時期を今一度、確認しましょう。家計簿が無い場合は、これを機会に開始しましょう。出ていくお金が曖昧だと計画が作れません。

また、定年退職すると翌日からこれまでの健康保険証は使えません。
幾つかの選択肢の中から、どれかの健康保険組合に加入し、新たに保険料を支払う必要があります。

定年退職後「健康保険」のお得な選び方、4つの選択肢を徹底解説
参考:DIAMOND online

支出の次は収入の把握

定年退職後に重要な収入となる年金について、受給額などを良く把握しておく必要があります。
そして当然のように、年金さえも所得税と復興特別所得税で8%ほど引かれます。

引用:日本年金機構

一般的にサラリーマンの年収は、50代後半以降にダウンしていきます。
役職離任で2~3割、定年&再雇用で半額程度になります。(当然、個人差はありますが)

先に見積もった支出と収入の突合せを年齢毎に行ってください。
ギリなんとかのレベル、赤字なので預貯金切り崩しが必要など、大まかに収支の+か-が見えてきます。

ローン一括返済とか、定年を機に保険の見直しを行うとか、特に年金受給までの収支は重要です。
こういった個人の事情を盛り込み、年齢毎に突き合わせた収支表を作ってみましょう。

ここまでの見極めを行えば、お金の壁の乗り越え方が見えてくると思います。
でも、イマイチもやもやの不安が消えない場合は、お金の専門家に相談するのも手です。
家計収支の見直しや、定年後の生活設計などについて、無料で専門家に相談できます。

収支が大きくマイナスの場合、何らかの収入を得る策を講じる必要があります。
副業、再雇用、再就職、パートやアルバイト、個人事業主、起業

ほんの少額でも収入の道があると安心します。

関連記事

定年後の自分の姿を想像できますか? ・もう働きたくないけど、働き続けてしまいそう ・定年後って暇そう。何したらいいの? ・どうも前向きに考えられない 等など こんな定年後に対するモヤモヤとした不安や悩みを抱える方はとても多い[…]

定年を機会に思うことがありました。
『お金に関する基本的な知識』を学んだことが無い、ということ。

こういったバックボーンが無いことも定年前後でお金に関する不安原因の一つだと思います。そこで、雑誌やネットで良さげなモノを探すと、こういった無料セミナーがありました。

引用:定年後設計スクール体験学習会
(ジャンプしたサイトの右上、『まずは無料WEB体験』ボタンをpushしてください)

長生きをリスクにしないために、のキャッチフレーズで定年後のお金に関する知識を体系的に教えてくれる内容で、このスクールは教育期間2年で、20万円程の本格的なものです。

期間も費用もチョット無理な方(私もです)は、概要レベルですが、上記2.5時間の体験セミナー(無料Web版)がオススメです。

受講してみましたが、老後のお金のテーマ(7分類)や家計収支の抑え方、住まい、資産運用など知っておいて損は無い内容でした。無料期間はいつまでなのか分かりませんが、興味があれば体験してください。

スポンサーリンク

定年後の『健康』に向き合い、継続して健康寿命を延ばす

豊かな人生を過ごすには、お金と共に健康である必要があります。

人は誰でも加齢とともに身体能力が低下し、日常の生活にも支障が出て来ます。
でも、体力や筋力をなるべく維持することで、健康寿命を延ばし生活にハリを与える事が可能です。

定年や退職で、日に8時間以上のフリーな時間ができます。(それも毎日!!)
現役のころ、たまの休みは家でゴロゴロし、なんとなく一日を過ごすこともあると思います。

こんな毎日を何か月も過ごす、と考えてみて下さい。
ほとんどの人は心身のバランスをくずし、ウツの症状が出てくる人もいるでしょう。

食欲がない、集中力が続かない、倦怠感がある、吐き気や腹痛などの症状には注意が必要です。
こういった自律神経系の不調を感じる場合、このようなストレッチで早めに改善しておきましょう。

自律神経の不調が改善する3つのストレッチ ~ どこでもやれる方法~

目標とする体重やウェストサイズなどを決め、継続して取り組むことが重要です。
心身共に充実したセカンドライフを過ごすために、例えば、体重やウェストサイズの目標値を維持する習慣を身につけ、健康寿命を延ばしましょう。

関連記事

人生100年時代、年齢を重ねても元気に過ごしたいですよね。 豊かな人生を送るためには健康でいることが一番です。 明治安田生命が2019年に行った、「健康」に関するアンケート調査では、50代以上の約61%が「将来の自分の健康に不安を感[…]

関連記事

高齢者の年代になってくると、多くの人にとって「健康」が大きなテーマになってきます。人生100年時代、楽しいシニアライフを送るためには、心身が健康であることは必須要素といえます。 そんな健康増進に役立つ趣味としてオススメしたいのが「カラ[…]

カラオケで健康に!?高齢者がカラオケで得られる8つの効果とは?

不特定多数との接触を極力避ける、『パーソナルジム』もオススメです。

パーソナルトレーニングジム:RIZAP

パーソナルトレーニングジム:BBB(トリプルB)

こういったフィットネス系や筋トレ系を趣味にすれば、一石二鳥の時間の使い方となります。

自分も定年を機に懸垂マシンを購入し、風呂に入る前とかデスクワークが長引いたときに使っています。
長い時間座っていた後でぶら下がると、腰や背骨からメキメキッと音がします。(気持ちイイです)
軽めの懸垂を継続するだけで、二の腕がかなりシッカリしてきています。(Tシャツの袖がキツメ)
孫たちが来ると、ワーキャー言いながら競ってブラ下がっています。

スポンサーリンク

定年後の『家族』に向き合い、身近な人に感謝して生活する

定年退職後の男性の行動や、夫婦関係から生まれた言葉があります。

『濡れ落ち葉』
ぬれた落ち葉が地面に貼り付いて取れない、ここから、仕事も趣味も仲間もなく、妻に頼りきって離れようとしない定年退職後の男性を形容する言葉。さらに妻のストレスが貯まると、次の症状になります。

『夫源病』
夫の言動が原因で妻がストレスを感じ、貯まったストレスにより妻の心身に様々な悪影響を生じさせる。

定年後、家にずっといる亭主に三度の食事を用意しなくちゃいけません。これが当たり前と思っている旦那は、風邪で寝込んでいる妻に向かって『晩飯は?』と、恐ろしい事を聞いたりします。

濡れ落ち葉になり得する人は誰もいません。この状況が悪化すると、熟年離婚となる可能性もあります。

人は一人では生きていけません。年齢を重ね、死別する事もありますが、伴侶を失い一人になった場合に後を追うように衰えるのは男性の方だと言います。一般的に生活を廻す家事能力が低い男性は、妻に先立たれると生命活力が急激に低下するようです。

そこで、もろもろを総合的に見て、抑えるべきポイントは以下だと思っています。

濡れ落ち葉にならない ➡ 適度な距離感を保ち、別々になる時間や居場所を作る
一人活動(趣味や仕事、地域貢献など)の時間や場所を作り出す
生活の大部分を任せっきりにしない ➡ 家事能力を徐々に高め、出来る事は自分でする
簡単な料理くらいは作れるようになる。掃除や洗濯なども徐々に広げる
感謝し、大切にする ➡ あざとくならない程度に労う(ねぎらう)
食事や映画などに連れ出す、妻が友達と出かける時の食事や掃除くらいは分担する など

親や子、孫も同じですが、身近だからこそ濡れ落ち葉(依存)にはならないようにしましょう。
身近な人を大切にし、感謝しながら生活すれば、相手からも大事にされる『あなた』になります。
普段は恥ずかしくて 口には出して言わないが とてもありがたいと思っている

また、心を穏やかにし、シンプルに生活するヒントとして以下の記事も参考にしてください。

関連記事

なにかと忙しい毎日、最近、こんなことを思っていませんか? ・なんだか暮らしがゴチャついてるなぁ ・スッキリとしたシンプルな生活がしたい 定年後や第二の人生は充実したものにしたい、と誰もが考えています。 暮らし方や、心が整う生活ス[…]

スポンサーリンク

まとめ:定年後を充実させるオススメの過ごし方

定年退職の前や後で、『人生プラン』が定まらず途方に暮れる中高年は決して少なくありません。自分自身の4K問題として認識し、不安にしっかり向き合うことで、あなた自身の解決法を見出す取組みについて説明しました。

孤独 ➡ 何が嫌いで、何が好きなのか、選別しつつ、やりたい事を見つける
お金 ➡ 我が家の収支と資産はどうなっているか、しっかり調べて準備する
健康 ➡ 年相応に体力や筋力を維持し、健康寿命を延ばす
家族 ➡ ほど良い距離感を保ち、身近な人を大切に思い、感謝して生活する

将来の見えない不安を恐れず、過去に捕らわれず、
これからの人生を有意義に過ごす あなたのための人生プラン
あせらず、必要な時にはアップデートする 柔軟な取組みで積み上げて行きましょう。

国連が毎年発表する「世界幸福度ランキング」で、常に上位のデンマークには生活の基盤となる考え方(ヒュッゲ)があります。下記記事が、あなたの生活を居心地の良いものするヒントになれば幸いです。

関連記事

しなやかで、タフで、穏やかなシニアを目指そう! [sitecard subtitle=スーパーなシニア url=https://supersnr.com/super-snr/about/ target=]   […]

関連記事

『今が一番』と言えるセカンドライフを過ごす 生活を整える | 趣味に打込む | 住まいを考える | 中高年の佇まい   [sitecard subtitle=生活を整える url=https://[…]

最新情報をチェックしよう!