定年後のリフォーム、理想の形は?費用もあわせてご紹介

会社は定年退職、子供たちは独立、経済的にはまあまあ余裕があるとなったとき、まず行っておきたいのが住宅のリフォームです。それは、老後に備えて、より住みやすい仕様に住居を改造しておくことが望ましいからです。

こちらの記事では、具体的なリフォーム例や、リフォームにかかるおおまかな費用についてご紹介しています。老後の住まいを考える参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

定年後のリフォーム、何を基準にしたらいい?

いざリフォームしようとすると、どこから手を付ければ良いのか迷うことがあるでしょう。

こちらでは、老後を見据えたリフォームについてご紹介しています。

健康状態の推移を見極めよう

50代、60代と高齢になるにつれ、若い頃には起こらなかった不調が起こったり、病気を発症しやすくなったりします。
そして、定年後にリフォームをするなら、このような健康上の推移を見極めた上で、計画的にリフォームすることが大切なのです。

寝室
風呂場
トイレ
廊下
玄関キッチン

それでは、ひとつずつ見ていきましょう。

寝室

2階建て家屋につきものなのが階段で、定年前の年齢では上り下りに苦労することはほぼなかったでしょう。

しかし高齢になると、階段を1往復するだけでも身体に大きな負担を感じることがあるのです。

これを踏まえた上で寝室をリフォームするなら、寝室は1階と決めておくことが望ましいでしょう。

また、布団の上げ下げも思った以上に体力を消耗しますので、思い切って床からの高さが低いベッドに切り替える工夫も必要です。

そして見落としがちなのが寝室のドアですが、将来的に車椅子生活や介護が必要な状況になることを想定するなら、開き戸タイプではなく、引き戸タイプにリフォームしておくことが望ましいでしょう。

風呂場

高齢者にとって危険な場所、それは風呂場です。

風呂場は、脱衣所や浴室ともに滑りやすく、転倒事故が起こりやすい場所ですので、まずは脱衣所の床を滑りにくい素材にリフォームしましょう。また、転倒事故防止に役立つのが手すりですので、浴室の壁に手すりを設置しておくことも大切です。

その他、弱い力でも開閉しやすい引き戸に変更する、脱衣所と浴室の境目の段差をなくすといったリフォームも必要です。

そしてもうひとつ、年齢を重ねるごとにリスクが高くなるのが、ヒートショックの問題です。

ヒートショックとは、脱衣所と浴室の急激な温度の変化で血管が収縮して血圧が急上昇する症状で、高齢者ほど発症のリスクが高くなるといわれています。

ヒートショックを防ぐためには、脱衣所と浴室の温度差を縮める工夫が大切で、その対策としておすすめなのが床暖房の設置です。

トイレ

トイレもまた、脱衣所や浴室と同様にヒートショックを起こしやすい場所ですので、床暖房の設置が望ましいでしょう。

また、和式トイレでは膝に負担がかかりますので、現在和式トイレを使用しているなら、この機会に様式トイレにリフォームしておきましょう。

その際には、手すりの設置や引き戸への変更なども行っておくことをおすすめします。

廊下

木目を活かした床材は見た目は美しいのですが、滑りやすいという難点もあります。

しかし、年齢を重ねると膝を思うように上げられなくなることがあり、それによって擦り足歩きになると、滑りやすい床材のせいで転倒事故のリスクが高まるのです。

そこでおすすめなのが、廊下の床材をタイルカーペットにリフォームするという方法です。

この素材の廊下なら、靴下を履いている状態でも滑りにくく、転倒事故のリスクを軽減できますよ。

なお、タイルカーペットにリフォームしても転倒事故を完全に防げるわけではありませんので、手すりもあわせて設置しておくことがベストでしょう。

玄関

玄関もまた段差がある場所ですので、定年後にはなるべく早めにスロープ仕様にするなどして、段差をなくしておきましょう。

これをしておくことにより、将来的に車椅子生活になったとしても、極端に行動範囲狭められる不安は軽減できるはずです。

また、スロープ仕様にリフォームしたとしても、まだ転倒事故のリスクが残っていますので、スロープの両サイドには手すりを設置しておくことをおすすめします。

さらに、玄関から室内に上がる際の段差もなくしておくことがベストですが、この段差をなくすと靴を履いたり脱いだりする際に不便さを感じることがありますので、玄関内には固定の椅子やベンチを設置しておくと便利です。

キッチン

高齢者に多いキッチンでの事故、それはガステーブルの火が衣類に燃え移るということです。

これを防ぐためには、ガステーブルからIHクッキングヒーターに変更しておくと良いでしょう。

IHクッキングヒーターなら火を使わないため、衣類に火が燃え移る心配がなく、お手入れもしやすいというメリットがあります。

また、キッチンカウンターの高さ調節も重要で、身体の状態に合った高さに調節しておくことで炊事全般が楽になります。

床に滑りにくいラグマットを敷いておけば、それだけで転倒事故の予防対策となります。

しかし、ラグマットを敷くと、床とラグマットの間にわずかな段差が生まれ、この段差が転倒事故のリスクを高めてしまうことがあるのです。

これを防ぐためには、廊下と同様のタイルカーペットにリフォームするという方法がおすすめです。

スポンサーリンク

ご夫婦2人の趣味を充実させる工夫も大切

ご夫婦にそれぞれの趣味があるなら、それを充実させるリフォームもアリですね。

たとえば、お子さんがすでに独立していて、使用していた部屋が空いているなら、それを趣味の部屋として使用しないという手はありません。

リフォーム方法については趣味の種類によって異なりますので、この点についてはリフォーム業者と相談をしながら検討してみることをおすすめします。

スポンサーリンク

2階はどうリフォームするのが理想?

定年後には、なるべく1階を生活の拠点とするのが望ましいのですが、2階建ての場合では2階のスペースがまるまる空くことになってもったいないですよね?

それでは、2階のスペースを活用する方法についてご紹介しましょう。

2階は物置きとして使う

滅多に使う機会がなくなった物の物置きとして使用する方法です。

ただしこの方法では、将来的に階段を上がれなくなることを考えるなら、あまりおすすめできないかもしれません。

この方法は、2階にある荷物を管理してもらえそうな第三者がいる場合の案として捉えておくと良いでしょう。

思い切って平屋にするという選択肢も

階段の上り下りが辛くなることを見越してリフォームするなら、2階建てを平屋にリフォームするというのもひとつの方法です。建物自体の重さを軽減し耐震性を向上させたり、部屋を減らすことで冷暖房の効率を高め省エネルギーが図れます。

この方法では高額な費用が必要になりますが、合理的かつ快適な暮らしをお望みなら、選択肢のひとつとして考えておくと良いでしょう。

スポンサーリンク

リフォームにかかる費用は?補助金制度は利用できる?

どこをどのようにリフォームすれば良いのか、大まかにご理解いただけたのではないでしょうか。

そして、次に気になるのがリフォームにかかる費用や、補助金制度を利用できるケースですね。

部分的なリフォームにかかる費用

リフォームにかかる費用については、リフォーム箇所や使用する部品などによって開きがありますので、こちらでご紹介するリフォーム料金については、一応の目安としておいてください。

寝室  およそ20万円~40万円
風呂場 およそ50万円~100万円
トイレ およそ25万円~30万円
廊下  およそ20万円~50万円
玄関  およそ10万円~25万円
キッチンおよそ50万円~200万円
床   およそ3万円~6万円(1畳あたり)

これら目安となるリフォーム費用ですが、これらの金額よりも低くなるケースや高くなるケースがありますので、詳細についてはリフォーム業者に問い合わせてみてください。

補助金制度を利用できるのはこんなケース

戸建てをリフォームする際の補助金には、「グリーン住宅ポイント制度(ポイント付与)」や「ネット・ゼロ・エネルギーハウス(ZEH)支援事業(助成金支給)」などがあります。

その他、国の支援制度や各自治体による支援制度もありますので、ぜひ、お住まいのエリアではどのような支援制度があるのか確認してみてくださいね。

なお、介護が必要になってバリアフリー仕様にリフォームする場合では、介護保険制度やバリアフリー化支援金、高齢者住宅整備金といった制度も利用できますので、これらを上手に活用してみましょう。

スポンサーリンク

まとめ

定年を迎えると、そろそろ老後を見据えた住宅のリフォームが必要になってきます。

とはいえ、リフォームには高額な費用が必要になりますので、すべて1回の施工でリフォームするとなると、莫大な費用がかかる可能性も考えられます。

それなら、優先順位を決めて1年に1箇所というように、ゆっくりとリフォームしていくという方法ではいかがでしょうか。

定年後間もない頃から少しずつリフォームを行っておけば、一度に莫大な費用がかかる心配がありませんし、老後にも間に合わせることができるでしょう。

なお、国や各自治体ではリフォームに関する支援制度が用意されていますので、まずはこれらを確認しておき、段階的・計画的なリフォームを考えてみることをおすすめします。

また、ご自身の家だけでなく、親が居住する実家の扱いについてもあらかじめ考えておく必要があります。下記の記事を参考にこちらの対応についてもご一読頂ければ幸いです。

関連記事

少子化、核家族化が進むなか問題視されている「実家の空き家問題」。継ぐ人がいない家は、放置すれば湿気や害虫、ほこりなどの影響であっという間に「見るも無残な空き家」に成り果てます。そればかりか日に日に維持費は増え続け、後に残された人々を困らせま[…]

最新情報をチェックしよう!