人生で一番楽しいことは何?「今が一番」と言える人生にするヒント

人生で一番楽しいことは何?「今が一番」と言える人生にするヒント

もしあなたが「人生で一番楽しいことは何ですか?」と質問されたら何と答えるでしょうか?

・仕事に没頭しているとき。
・趣味に熱中しているとき。
・パートナーと一緒に楽しく会話をしているとき。
・恋人とデートをしているとき。
・友達と盛り上がっているとき。
・子育てをしているとき。
・家族団らんをしているとき。

などなど、きっとその答えは人によって千差万別でしょう。学生時代や子供の頃など過去にフォーカスを当てる人も多いかもしれません。

性別や年齢、環境、人生経験など人それぞれ異なりますから、答えが違うのは当り前のことです。

しかし、もしかしたら「今、何も楽しいことはない・・・」とお思いの方もいるかもしれません。どうせなら「今が一番楽しい!」と思える人生にしたいですし、そのときそのときの一瞬を輝ける時間にできたら理想でしょう。

そこでこのページでは、他の人の『人生で一番楽しいこと』のパターンを見つつ、あなたにとっての『人生で一番楽しいこと』を見つけるヒントを探っていきたいと思います。

スポンサーリンク

「今」ではなく「過去」にフォーカスする人はとても多い

「今」ではなく「過去」にフォーカスする人はとても多い

「人生で一番楽しいことは何ですか?」と質問されたときに、「あのときが一番楽しかったかなー」と、学生時代や子供時代などの過去の思い出にフォーカスを当てる人がとても多いそうです。

「子供の頃、山とか公園とかで走り回っていたことかなぁー。あの時は毎日が充実してたなー。」
「高校の頃が一番輝いてた。文化祭とか体育祭とかみんなでワイワイ楽しかった。」
「大学時代のサークルメンバーとの交流です。男女意識とかなく、純粋に仲の良い友達として、男女10人くらいで旅行したときのことは鮮明に覚えています。」

などなど。過去を振り返って楽しい思い出があるのは素晴らしいことですが、「今」がそれを上回らないのは寂しいことでしょう。

40を過ぎたら意識したい!長いシニア人生を楽しくする13のヒントの記事にて、次のような説明をしました。

未来は想像することしかできませんし、過去は思い出すことしかできません。私たちが生きているのは『今』であり、今にしっかり意識を向けて生きることが大切です。

神道の世界では本居宣長(江戸時代の国学者)が『古事記伝』の中でそのことを述べています。過去→現在→未来という時間の流れがあって、私たちは今の時代を生かされています。だからこそ「今に感謝し、今のこの瞬間を精一杯生きていく」。これが中今(なかいま)に生きることであり、神道の真髄なのです。

「今」に全力集中し、「人生で一番楽しいことは何ですか?」と質問されたときに、「今、○○しているときです!」と自信満々に言えるようになりたいものです。

次に、「今」が楽しいと評価している人が、どんなことに対して一番楽しいと感じているのかご紹介していきます。「あなたにとっての一番楽しいこと」を見つけるヒントになるかもしれません。

スポンサーリンク

人生で一番楽しいことって何?あるある7パターンを知ろう

人生で一番楽しいことって何?あるある7パターンを知ろう

「人生で一番楽しいことは何ですか?」と質問されたときに、その答えは人それぞれ千差万別ですが、大まかに次の7つのパターンに分類されることが分かります。

【1】仕事に関すること

「新規事業を任され、仕事の難題に取り組んでいるとき。仲間と協力して難題をクリアしていくことに喜びを感じる。」

このように、仕事をしていることが一番楽しいと感じている人はとても多く、特に男性に多い傾向にあります。男性にとって、人生の中で時間とエネルギーを一番に費やすのが仕事ですから、「仕事が楽しい」というのは幸せな人生に直結するでしょう。

「畑仕事をしているときが一番楽しい」という80歳のおばあちゃんもいます。高齢になっても楽しい仕事とともにあるのは素晴らしいことですね。

仕事に関連することとして、「ランチタイムに美味しいお店を見つけること。」「仕事上がりにビールを一気に飲み干すこと。」などもあります。このようなちょっとした楽しみも、仕事の楽しさを高める要因になるでしょう。

ただ、一点注意して欲しいことは、「仕事ばかりに人生を捧げてしまったこと」を後悔するシニアがたくさんいるということです。

若い頃はガムシャラに働くことに充実感があったとしても、年老いて人生を振り返ってみて「働いてばかりで人生の時間を無駄にした。もっと家族との時間を大切にすればよかった。自分のために時間を使えば良かった。」と、後悔するわけです。

ですので、「心の底から仕事が楽しいと思っているのか?」をよくよく考えてみることが大切ですし、仕事一辺倒にならないようなバランス感覚が必要かもしれません。

『人は年老いてどんなことに後悔するのか?』について次の記事にまとめていますので、良かったらご一読ください。

関連記事

「どうせなら後悔のない人生をおくりたい」とは誰もが思うこと。しかしながら、年老いてから、人生を振り返って後悔する人がとても多いのが現実です。 どうしたら後悔のない人生をおくれるのでしょうか? その解決策として提示したいのが、人生[…]

超シニア人とは

【2】パートナーに関すること

「好きな人と一緒にいる時間。人生いろいろ山あり谷ありですが、楽しんでいます。」
「夫婦水入らずのちょっとしたひととき。幸せだな~と実感します。」
「現在妊娠中。子どもの名前を一緒に考えるのが楽しいです。」

などなど。人生のどんなステージにおいても、愛するパートナーと過ごす時間に喜びを感じる人は多いようです。

しかし一方で、夫婦関係は一番の修行とも言われるように、結婚生活に苦しみを感じてしまう人が多いのも事実です。12年連続で長者番付10位以内になり納税王といわれた実業家の斉藤一人さんは、書籍の中で次のように語っています。

『人間関係の修行のなかで、最大の修行が結婚、というのが私の持論です。なぜ、結婚が人間関係の最大の修行かというと、夫婦というものは、世界で一番相性の悪い者同士が好きあって、ひとつ屋根の下で生活をするからです。』

そんな言葉を裏付けるように、結婚生活に耐えかねて離婚する夫婦はとても多く、平成30年のデータでは年間207,000組が離婚していることが分かります。

平成30年のデータでは年間207,000組が離婚している

出典:人口動態統計の年間推計(厚労省)

1日当たり567組の夫婦が離婚しているということ。この現実をあなたはどう評価しますか?

夫婦関係は一番の修行です。

もしあなたが夫婦関係という修行に苦しみを感じているなら(これから感じたときは)、『修行=苦しいもの、ツライもの』から『修行=自己成長の糧、喜びにつながるもの』へと意識のシフトチェンジをすることで、夫婦関係が楽しいものになるかもしれません。

【3】趣味に関すること

「飼っている柴犬と遊んでいるときがいちばん楽しいです。」
「好きなアーティストのライブです!遠征で行ったことのない土地に行って美味しいものを食べるのが最高の幸せ!」
「最近プラモデル作りに目覚め、寝る間も惜しんで楽しんでいます。」

などなど。人生で一番楽しいこととして、自分の大好きな趣味を挙げる人も多いです。

好きなことで自分を満たしてあげられることは、とても幸せなことでしょう。時には、趣味を通じて新しい友達ができ、一生の友になることもあります。

また、自由になる時間がたっぷり増えるシニア世代においては、その時間を趣味に当てる人も多いです。自分にとって「これが一番楽しい!」と思える趣味を見つけることで、人生が豊かになることは間違いありません。

・無趣味でゴロゴロしながらTVをなんとなく見ている。
・自分のやりたい趣味が見つからない、何をしてよいか分からない。

なんて人には、次の記事がオススメです。趣味探しのヒントとして、36種類のオススメの趣味をまとめました。ミドル~シニア向けの記事ですが、若い人にも参考になるでしょう。

関連記事

シニア世代になると仕事や子育ても一段落し、自由になる時間がたっぷり増えます。 真面目に仕事や子育てを行ってきたシニアですが、定年後の第二の人生では、 ・ 無趣味でゴロゴロしながらTVをなんとなく見ている ・ 自分のやりたい趣味が見[…]

【4】食に関すること

「その土地でしか食べられない美味しいものを食べているときが最高に楽しい。」
「デパ地下でお酒とおつまみを選んでいるとき。晩酌のことを考えると楽しくてウキウキする。」
「家族みんなで美味しいものを食べること。幸せなひとときに心が満たされます。」

などなど。このように、人間の三大欲求の1つである「食」も、人生で一番楽しいこととして根強い人気があります。

誰にも人生の浮き沈みがあります。平坦な人生なんてありません。落ち込んだり、上手くいかなくて悩んだりすることもあるでしょう。

そんなときでも美味しいモノは美味しいし楽しい!心を豊かにしてくれます!元気にしてくれます!どんなときでも美味しいモノはあなたの味方なのです。

一人でじっくりと味わうのも良いでしょう。
友人や恋人、家族と一緒に味わうのも良いでしょう。

もし、今あなたに「これだ!」という食が思いつかないのであれば、『あなたの人生を楽しくする食』を探求してみるのも面白いかもしれません。

【5】友人に関すること

「学生時代からの友人と集まって、ごはんを作って食べたり飲んだりしてるとき。」
「気心の知れた友達と将棋をしているときが楽しい。」
「高校時代は野球部だった。苦楽を共にし、同じ釜の飯を食った仲間達とは、中年になった今でも定期的に酒を飲み交わす仲である。昔話に花を咲かせながら飲んでるときは最高に楽しい。」

などなど、友人との付き合いが一番楽しいと感じている人も多くいます。

一緒にいて楽しい友人達と過ごす時間は、なにごとにも代えがたい大切な時間です。年を重ねても楽しく一緒にいられる関係は、とても素敵だと言えます。

もし、「あいつどうしてるかな~」と気になる友人がいるなら、久しぶりに連絡してみるのも良いかもしれません。また、これから趣味などを通じて、新しい友人を作っていくのも良いでしょう。

【6】家族に関すること

「子どもと一緒に遊んだり、子どもと一緒に過ごしているとき。子どもが生まれて毎日大変だけど、てんやわんやな毎日が楽しい」
「大切な家族と他愛もない話をしながら、美味しいごはんを食べて、晩酌をすること。平和な日常に幸せを感じる。」
「子どもの成長を感じるとき。家族で美味しいものを食べているとき。」

などなど、家族と一緒に過ごす時間が一番楽しいと感じている人も多いです。これは『お子さんを含んでの家族関係』を指している人が多い傾向にあります。

【7】自己成長に関すること

「年甲斐もなく英会話の勉強を始めました。英単語を1つ覚えるごとに成長を感じます。亀の歩みですが、いつかネイティブアメリカンと会話をするのが目標です」
「仕事で次のステージに進むための資格勉強をしています。新たなプロジェクトに参加していることを想像するだけで楽しい。そのステップである勉強そのものも楽しんでいます。」
「課題を1つ1つクリアしていくこと。クリアするたびに自分の成長を感じます。」

などなど、自己成長が喜びであり、楽しいことと評価する人も多いです。

宇宙は誕生してから今まで、瞬時も止まることなく常に生成発展してきました。その宇宙の一部である私たちも、常に進化成長することを求めるのは必然のことなのかもしれません。

自己成長を楽しむコツは小さく身近な目標を立てることです。目標を達成することで成長を実感しやすくなりますし、何度も繰り返し達成感を味わうことが大きな自信に繋がってくるでしょう。

スポンサーリンク

マズローの欲求5段階説と、人生で一番楽しいことの関係

マズローの欲求5段階説と、人生で一番楽しいことの関係

以上のように、人生で一番楽しいこととして、おおまかに上記の7パターンに分類することができました。

マズローの欲求5段階説をご存じでしょうか?

アメリカの心理学者、アブラハム・マズローが唱えた「自己実現理論」の一説で、人間の欲求を5段階で理論化したものです。次の図のように、人間の欲求は5段階で構成され、低階層の欲求が充たされると、より高次の階層の欲求を欲するというものです。

マズローの欲求5段階説

出典:jimpei.net

マズローは人間が行動を起こす動機として大きく2つの段階があると考えました。

欠乏動機・・・これは「何かが足りない」という欠乏を充足させることがエネルギーの源泉になるというもの。「空腹を満たしたい(生理的欲求)」「安心できる場所に住みたい(安全欲求)」「家族・友人と親しくありたい(親和欲求)」「人に自分の実力を認められたい(承認欲求)」などです。
成長動機・・・これは下位の4つの欲求が満たされると、人が行動を起こす動機は「自分の能力を活かしてさらに成長したい(自己実現欲求)」に達するというもの。

人生で一番楽しいことの7パターンを見ると、

【1】仕事に関すること・・・自己実現欲求や承認欲求、安全欲求も含む。
【2】パートナーに関すること・・・親和欲求
【3】趣味に関すること・・・自己実現欲求
【4】食に関すること・・・生理的欲求
【5】友人に関すること・・・親和欲求
【6】家族に関すること・・・親和欲求
【7】自己成長に関すること・・・自己実現欲求

のように当てはめることもでき、人は何らかの欲求を満たすことに「楽しい!」と感じると判断しても良いのかもしれません。

スポンサーリンク

まとめ~「今が一番楽しいです!」と言える人生にするヒント

まとめ~「今が一番楽しいです!」と言える人生にするヒント

もしあなたが今現在、「今」が一番楽しいと言える状態でないなら、この記事でご紹介した人生で一番楽しいことの7パターンの中で、実践できそうなことに取り組んでいただけたらと思います。

例えば、、、

【1】仕事→新しい仕事を始めてみる。次のステップのための勉強をする。自分のやりたいことで副業をしてみる。
【2】パートナー→妻や旦那さんと共通の趣味を探してみる。月に1回デートをする。
【3】趣味→自分に合った趣味を探す。知らない土地へ旅行に行く。
【4】食→B級グルメを求めて旅をする。デパ地下グルメ探索をしてみる。
【5】友人→定期的に友人と飲み会をする。趣味友を見つける。
【6】家族→家族旅行をする。月に1回、○○パーティを開く(例えば、たこ焼)
【7】自己成長→英会話の勉強を始める。哲学書を読んでみる。

などなど、どんどんリストアップしていきましょう。

『妻と(パートナー)、旅行をして(趣味)、現地の食を楽しむ(食)』など、複合的に考えても良いでしょう。出来上がったリストを見れば、あなたにとっての楽しいことの傾向が分かり、人生で一番楽しいことを見つけるヒントを得られるかもしれません。

リストができたら、あとは実践するのみ!できそうなことからどんどん実践していきましょう。きっとそのうち「人生で一番楽しいことは○○です!」というものが見つかるはずです。

以上、あなたにとっての「人生で一番楽しいこと」が見つかり、「今が一番楽しい!」と言える人生にするヒントになれば幸いです。
また、以下の記事も人生を楽しいことに導いてくれるかも知れません。お時間があればご一読をお願いします。

関連記事

人生100年時代、年齢を重ねても元気に過ごしたいですよね。 豊かな人生を送るためには健康でいることが一番です。 明治安田生命が2019年に行った、「健康」に関するアンケート調査では、50代以上の約61%が「将来の自分の健康に不安を感[…]

人生で一番楽しいことは何?「今が一番」と言える人生にするヒント
最新情報をチェックしよう!