白髪は女性に高印象!今「50過ぎの染めない男性」が人気の理由5選

誰しも年齢を重ねると気になる「白髪」、皆さんはどう対処していますか? 男性は女性よりも約4年早い30代後半から気になり始め、約20年近くはケアし続けなければ…と思っている方が多いようです。
出典:hotpepper.jp

でも今「染めない男性」の女性人気が確実に上昇しています。

2018年「新語・流行語大賞」ノミネート語30でも「グレイヘア」が選出されるなど、世間的にも注目を集める「白髪」。なぜ今「50過ぎの染めない男性」が人気なのでしょうか? その5つの理由と、より魅力的に見せるコツをご紹介します。

スポンサーリンク

「50過ぎの染めない男性」が人気の理由

一般的に、女性はどんな男性に良い印象を受けるのでしょうか?

1位「清潔感がある」               57.6%
2位「尊敬できる」                49.2%
3位「礼儀正しい」                47.0%
4位「さわやかで清潔感のある服装・ヘアスタイル」 45.8%
5位「怖くない・威圧感がない」          36.7%
6位「自分にあったムリのないオシャレをしている」 35.7%
2018年 マイナビニュース会員アンケート

女性の好む男性の特徴は、「清潔感」「尊敬」「優しさ」「オシャレ」と言えそうです。

◆【理由1】知的に見える:「尊敬

昔から著名な学者、芸術家など「文化人の白髪姿」をよく目にします。彼らは白髪を隠すどころか当然のように堂々と白髪を披露しています。そのなんとも自然な様子が「白髪=知的イメージ」の構図を作りだしてくれました。

◆【理由2】人生の「深み」を感じる:「尊敬

時間をかけて積み上げた『経験の厚み』が髪の毛一本一本にまでにじみ出ているように見えます。人生の年輪としての白髪と言ってもいいでしょう。若者には出せない「貫禄」や「人間の深み」を感じさせてくれる所も白髪の魅力の一つです。

◆【理由3】隠さず、自然な佇まいがいい:「オシャレ

年齢を重ねると誰しも体は変化します。しかし必死にそれを隠しても、人は意外と見抜いています。堂々と「自然な佇まいである」、その心意気が周りの人には「オシャレ」にうつります。そのままのかっこ良さを貫き通すことが大切です。

◆【理由4】50過ぎると白髪が自然に見える:「オシャレ

人が抵抗なく「グレイヘア」を受け入れられる年齢は何歳くらいなのでしょうか?

・『50代の方がグレイヘアにされていると、年を重ねていてステキだなと思います。私も50代になったらグレイヘアにしてみたいです。
でも今は30代なので白髪を隠したい。』
・『漠然と70代になったらやってみたいと思う。「白髪を染めなくては」という呪縛から逃れたい。』
2019年 インターワイヤード株式会社『DIMSDRIVE』実施アンケート

世間の声は、大よそ50代~70代という回答が多いようです。

40代から白髪染めを開始する人が多く、50を過ぎると白髪はもう当たり前。この頃には、見た目にもシワがうっすらと浮かび、白髪が自然な印象となります。とはいえ、白髪染めはおっくうだけどやめられない…」と、まだまだ迷う50代。ここで勇気を出してグレイヘアを先取りすれば、「自然でいい!」と注目を集める事間違いありません。

◆【理由5】「おじさん」が愛される時代となった:「優しさ」

いわゆる「おじさん」が愛される時代となりました。全国の働く20代の女性への「何歳までが結婚対象になりますか?」という調査があります。

出典:株式会社ファンケル

調査の結果は「30代まで(58.8%)」が最多ですが、「40代まで」、「50代まで」、「いくつでも問題ない」と回答した人の合計が18.9%もいます。
5人に1人が、自分の年齢より父親の年齢に近い男性を結婚対象として見ているという結果です。その背景には「価値観の多様性」があります。「経験豊富で話が面白い」「頼りがいがある」など、確実に「おじさん」に対する見方は変化しています。

このように「尊敬」「オシャレ」「優しさ」と女性の好む男性の特徴の4分の3を満たす白髪スタイルは、やはり女性に高評価!と言えるのではないでしょうか。では残る1つ「清潔感」に対してはどのように対処したらよいでしょうか?

スポンサーリンク

「50過ぎの染めない男性」、実は「グレイに染めている」人も

髪を染め続ける人の理由として、「若くみられたい」「自分が気になる」などある中で、「ゴマシオ風の白黒が汚くて嫌」という方が多くいらっしゃいます。これは「清潔感」を欠く事になり、年齢を重ねた大人たちの悩みの種でした。

でも今、トレンドに敏感な人の間では、「グレイに染める」のが人気です。周りはグレイに染めているとは気づきにくく、それでいてゴマシオ風が解消され「清潔感」を得られる事がメリットです。

また「白髪染めはもうやめる!」とある日思い立っても、根本ばかり白くなって黒髪とのギャップが嫌という方もいらっしゃいます。白と黒のギャップを埋めつつ、完全白髪へ移行する。いわゆる白髪への「移行期間」の対策としてもおすすめです。

新たなパートナーを作る

定期的にメンテナンスは必要ですが、白髪ライフを心地よく送るための策としてはとてもおすすめです。是非一度美容師さん、理髪師さんに相談してみましょう。あなたにぴったりの色や染め方があるかもしれません。

スポンサーリンク

50過ぎのグレイヘア。より自然に、清潔感をUPするコツ

短くする:「ショートヘア」と「ソフトモヒカン」

ヘアーカットに行ったら、「ショートヘア」にしておけばまず間違いありません。
ロングにすると、髪の量が多くなり白が悪目立ちしがちですし、ミディアムヘアだとのちのち扱いが難しくなりベタっとして清潔感がなくなりがちです。ショートヘアならスタリングしやすく、いさぎよくスッキリとした印象になります。

「ソフトモヒカン」は、ショートヘアよりもてっぺんの髪を眺めに残します。ショートヘアに比べると若さが演出できます。スタイリングはショートと同じようにワックスをつけ、形を整えたらハードスプレーなどで少し固めるとスタイルが長持ちします。

パサつきをなくす

これは非常に大切なケアです。髪がパサついていると、白髪は貧相に見えてしまいます。髪にツヤがあると、白髪は光りを放ち「銀色」に輝きます。

◆パサつきをなくす方法
・例え短くても、コンディショナーやトリートメントを使う
・お風呂上りの自然乾燥はNG。必ずドライヤーで乾かす
・ドライヤーをする前に「洗い流さないトリートメント」を使う

「+ヒゲ」でさらに印象を良くする

ひげがあると、知的な雰囲気に「ワイルド感」がプラスされ、オシャレ度が上がります。ただしひげのお手入れはこまめにしましょう。

眉毛や鼻毛のお手入れを欠かさない

眉毛や鼻毛はいつも綺麗に長さを整えておきましょう。白髪の場合、お手入れを怠るとただでさえ年齢が高く見られがちです。顔のムダ毛処理は欠かさずに行いましょう。実はとても大事なポイントです。

服も「グレイ」を基調にしてみる

服も髪に合わせてグレイを基調にする事で、より洗練された印象になります。また肌が明るくなり、清潔感もUPします。
グレイを基調にする場合、首元が開いたTシャツなどはだらしなく見えるので要注意です。首元がつまったデザインのものや、冬であればタートルネックなどでカッチリ感を出す事をオススメします。

スポンサーリンク

男性がもう一つ気になる「+薄毛」の対策とは?

「白髪」に並ぶ、50過ぎの男性を悩ませる「薄毛」。白髪だけならまだしも「+薄毛」となると手の施しようがないと諦めている方も多いのではないでしょうか?どのように対処したらよいのでしょうか?

女性はそんなに「薄毛」を気にしていない?!

出典:hagekatsu.com/

女性へのアンケートによるとちょうど半数が「薄毛の男性は恋愛対象になる」と答えています。男性の魅力は「頭髪」だけでは決められません。どんな男性の要素に対しても、必ず好き嫌いという好みはあります。「薄毛」も同じです。男性が思っている程、女性は「薄毛は絶対嫌!」とは思っていません。

やはり「清潔感」が第一

「清潔感」が大事です。「+薄毛」であれば、よりショートヘアをおすすめします。
ちょっとでも毛量を多く見せたい…という気持ちはわかりますが、長さを伸ばしても毛量はカバーできません。ここは堂々と、清潔感のあるショートヘアで勝負しましょう。
また毛量が少なくても、必ずワックスなどを使いキリっとしておくとさらに印象がUPします。ボサボサのままは厳禁です。

それでも改善したい夫のAGA治療に妻は月1万円以内までOK

出典:hagekatsu.com/

気になるものは気になる!という方へ。今は昔と違い、月1~2万円程度払えば高確率で薄毛が改善される「AGA治療」というものがあります。

アンケートによると、妻は夫のAGA治療に月1万円以内ならOKと回答する人が4割程。金額的に見ると多少奥様への説得は必要かもしれませんが、無理なく続けられそうなら試してみてもいいかもしれません。薄毛については次の記事が参考になると思います。

関連記事

40代以上になると目立ってくる生え際や頭頂部の薄毛。 それが年齢のせいだと思えば割り切れるかもしれませんが、できれば改善したいと思いますよね? このような薄毛は、適切なケアや治療で改善を目指せますが、実は、日常生活の中でも注意すべき[…]

「+薄毛」は、「知的な服」や「おしゃれメガネ」でアーティスト感を出すと◎

気になる「薄毛」に目がいかない一番いい方法は、「オシャレに注目させる事」です。

・自分の顔立ちにあった「おしゃれメガネ」
・質も仕立てもよい「真っ白なシャツ」
・自分のサイズに合った、形にこだわった「黒のズボン」

たったこれだけでも、バランスよく・センスよく身に着けていれば「年齢の厚み」に「アーティスト感」が加わり、頭髪よりまずファッションに目がいきます。

・全体の色味は極力シンプルに。できれば色は白黒二色のみ(靴下で+1色程度はOK)で納めましょう。
・どんな雰囲気にしたいかを画像などで検索し、それを参考に服やメガネ屋さんの店員さんに相談しましょう。

スポンサーリンク

まとめ:グレイヘアで大人の魅力アップ

「50過ぎの染めない男性」が人気の理由を説明しました。

①知的に見える
②若者にない「深み」を感じる
③必死で隠さず、自然な佇まいがいい
④50過ぎると白髪が自然に見える
⑤「おじさん」が愛される時代となった

と、女性が好む男性の特徴の「尊敬」「優しさ」「オシャレ」を満たすという理由でした。

残る「清潔感」は、工夫と日々の努力で誰でも手にする事ができます。「白髪染めがおっくうだな…」と感じ始めた中高年の皆さん、「グレイヘア」を取り入れてみてはいかがでしょうか?

魅力的なシニアになるため、次の記事も参考になると思います。

関連記事

以前と比べて最近のシニアは「イメージが変わった」「若々しくなった」と思いませんか?以前は「見た目を気にするなんて年甲斐もない…」というのが高齢者の常識でしたが、今は「この年齢だからこそ手入れが必要である」と常識自体が変化しました。実際この5[…]

最新情報をチェックしよう!