中高年の副業はここに注意!定年後、おすすめのビジネスの型とは?

「会社で働いているけれど、何か副業をして収入を増やしたい」と考える中高年が増えてきています。

特にコロナ禍で仕事が不安定になった方は、よりその思いが強いのではないでしょうか。
しかし、中高年が副業をするにあたっては、注意しなければならない点もあるのです。

こちらの記事では、中高年におすすめの副業とビジネスの型、注意点をご紹介しています。

スポンサーリンク

中高年の副業にはネットビジネスがおすすめ

短期的な収入なら、とりあえず日払いバイトや週払いバイトなどでしのぐという方法があります。

しかし、このような短期バイトは、希望する日時に入れるとは限りませんし、定期的な収入を見込めないというデメリットがあるのです。

一方、ネットビジネスなら自分で計画して好きな日時や場所で稼働できますし、職種によっては長期的な収入を見込めるというメリットがあります。

それではまず、ネットビジネスの概要からお伝えしていきましょう。

ネットビジネスとは?どんな種類がある?

ネットビジネスとは、文字通りインターネットを利用するビジネスで、ストック型ビジネスとフロー型ビジネスに分類されています。

といっても、これらの言葉を初めて耳にした方は少なくないでしょう。

では、ストック型ビジネスとフロー型ビジネスには、どのような特徴があるのでしょうか。

ストック型ビジネス

ストック型ビジネスとは、あらかじめ収入を得られる道筋を作っておくことで、定期的な収入を見込めるビジネスです。

このビジネスの特徴は、収入を得られる道筋作りには時間がかかりますが、一度作ってしまえば、多かれ少なかれ収入が発生しやすいという特徴があるのです。

たとえば、アフィリエイト(インターネットを利用した代理店契約)、物販の定期購入などがこれに該当しますが、これらでは、顧客獲得後に毎月一定額の収入が発生しやすく、続けやすいというメリットがあります。

ただし、取り掛かりから初収益までの期間が長く、取り組む種類によってはある程度まとまった軍資金が必要になることがあるというデメリットもあります。

つまり、「副業で今すぐにでも収入を得たい」と考える方にはやや不向きなビジネスだということですね。

一方、時間はかかったとしても、将来的な収入のための道筋を作っておきたいという方にはおすすめという捉え方もできますので、長期戦でビジネスに取り組みたいという方は、できる種類からチャレンジしてみても良いでしょう。

フロー型ビジネス

ストック型のように将来的な収入を得るための道筋を作るのではなく、知識や物品を都度販売して収入を得る方法です。

フロー型ビジネスには、サービスを販売するごとに収益が発生するというメリットがあり、インターネット型店舗での物販、手作り作品のインターネット販売、WEBライターなどがこれに該当します。

つまり、副業ですぐに収入を得たいという方に適したビジネスだということですね。

ただし、フロー型ビジネスは顧客を獲得できなければ収入を得ることができず、1人(社)からの収入が長期継続しない可能性があるというデメリットもあるのです。

とはいえ、短期間で収益化しやすいのがフロー型ビジネスですので、どの副業か迷っているなら、まずはフロー型ビジネスに取り組んでみると良いでしょう。

おすすめはフロー型ビジネス

上記でご紹介したように、ストック型ビジネスは道筋づくりから収益発生までの期間が長く、取り組む種類や方法によっては、1年後ないしは2年後にやっと収益が発生することも珍しくありません。

ここで、経済的な余裕がある、もしくは、今すぐに収益に結びつかなくてもゆっくりとビジネスに取り組みたいのなら、腰を落ち着けてストック型ビジネスに取り組んでみても良いでしょう。

しかし、長期に渡って発生しない場合では、気力が持たず、収益が発生する前にリタイアする可能性が否めません。

一方、ストック型よりも短期間で収益が発生しやすいのがフロー型ですので、とりあえず副業で収入を得たいという方には、フロー型ビジネスのほうがおすすめできるでしょう。

なお、ご自身の知識や技術を販売したい方はクラウドソーシングサービスの「ココナラ」に登録して、販売をスタートさせてみるといいですよ。

>ココナラはこちら

スポンサーリンク

中高年が注意したいネットワークビジネスについて

ネットビジネスと混同されやすいビジネスとして挙げられるのが、ネットワークビジネスです。

ネットワークビジネスもまた、ネットビジネスと同様にインターネットを利用したビジネスだと思われがちですが、実はこの認識は間違っているのです。

ネットビジネスとネットワークビジネスは同じではない

ネットビジネスは1人で取り組めるビジネスですが、ネットワークビジネスは人が人を紹介してグループ化し、そのネットワークを利用して収入を得るビジネスです。

つまり、ネットビジネスは自己完結型ですが、ネットワークビジネスは人ありきのビジネスで、人を紹介できなければ収入が発生しないという違いがあるということです。

たとえば、ネットビジネスのストック型に分類されるアフィリエイトでは、1人でサイトまたはブログを開設して企業と代理店契約を行い、サイトまたはブログに掲載した広告から発生した収益を受け取ります。

また、ネットビジネスのフロー型に分類されるWEBライターでは、1人で企業または個人ブロガーなどと契約し、1人で執筆作業を行い、発生した原稿料を受け取ります。

 

一方、ネットワークビジネスでは、おもに対面で自分が属するネットワークビジネスを他人に紹介し、会員登録や物販を行うことで収益が発生するという仕組みです。

そして、紹介した人がまた別の人にネットワークビジネスを紹介して物販を行うと、そこからマージンが発生します。

つまり、あなたを親とすると、紹介した人たちはあなたの子になり、子が紹介した人はあなたの孫となってあなたのグループネットワークを構築し、やがて、あなたに不労取得が発生する可能性が出てくるということですね。

こう聞くと、「ネットワークビジネスってうまみが多い副業なのでは?」と感じるかもしれません。

しかし、ネットワークビジネスには、あるリスクもあるのです。

スポンサーリンク

ネットワークビジネスのリスクについて

ネットワークビジネスを始めるためには、そのネットワークビジネスを行っている方から紹介を受ける必要があります。

そして、それだけですめば良いのですが、その際には、あなたが子や顧客に販売するための商品を購入する必要があり、その販売に失敗すれば大量の在庫を抱えるリスクが高まるのです。

もちろん、紹介人数が増えて、なおかつあなたご自身の物販も順調なら、ネットワークビジネスで大きな収入を得られる可能性は広がるでしょう。

しかし、そううまく運ばないのがネットワークビジネスですので、中高年で副業を得たいという方は、十分に注意してくださいね。

スポンサーリンク

中高年の副業は焦らない心構えが大切

中高年の副業におすすめのネットビジネスには、ストック型とフロー型があり、比較的短期間で収入を得たいならフロー型を選ぶと良いでしょう。

しかし、フロー型ビジネスでも、種類や取り組み方によってはなかなか収益に結びつかないこともあります。

中高年が副業に取り組むなら、まずは焦らず、ゆとりを持ってじっくりと取り組むことを心がけましょう

スポンサーリンク

まとめ

今回は、中高年におすすめの副業、ネットビジネスについてご紹介してきました。

ネットビジネスというと「怪しい」と感じる方がいるかもしれませんが、それは間違った認識で、ネットビジネスは怪しくもなければ他人に迷惑をかけたり損害を与えたりすることもありません。

つまり、健全なビジネスだということですね。

一方、ネットワークビジネスは人ありきで、どうかすると自分だけではなく他人にも損害を与える可能性が否めないため、注意しなければなりません。

中高年の副業で迷ったら、ネットワークビジネスビジネスではなく、ネットビジネスのストック型もしくはフロー型のいずれかを選び、長期戦で取り組むことをおすすめします。

定年後の副収入を得る方法として、下記記事も参考になると思います。

関連記事

人生100年時代となった今、60代で定年を迎えた後も仕事をしたいと考える人が増えています。 内閣府によると、現在就業している60歳以上の男女の約9割近くがその後の高齢期も働きたいと希望しています。 出典:内閣府「 令和2[…]

関連記事

あなたには、定年退職後にチャレンジしたいことや、達成したい目標がありますか? まだ何も考えていないなら、webライターで収入を得るという目標ではいかがでしょうか。 webライターの仕事は就業中から開始できて、副収入を得ることも可[…]

最新情報をチェックしよう!