潜在能力を楽しく強化!中高年世代におすすめの習い事・英会話編

日本の義務教育では英語の授業が盛り込まれており、中学卒業時にはおよそ英検3級レベルの知識が身につくといわれています。

しかし、このような知識が身についたとしても、英会話となると、また話が別です。せっかくの英語能力を眠らせたままだともったいないと思いませんか?

こちらの記事では、セカンドライフを有意義に過ごすおすすめの習い事・英会話についてご紹介しています。

スポンサーリンク

中高年におすすめなのは「英会話」

多くの言語からどの言語を選んで学ぶのかは個人の好みによります。

そして、義務教育期間中から慣れ親しんできたという点で考えるなら、英語学習の延長線上にある英会話が最もおすすめできるでしょう。
英会話なら、文法だけでなく会話の実践力が身につきますので、楽しみながら教養を増やせるというメリットがあります。

とはいえ、英会話教室は数種類に分類されているため、まずはそれらの特徴について知っておく必要があります。こちらでは、2種類の英会話教室をご紹介していますので、英会話教室選びの際の参考にしてみてください。

英会話教室の種類を知っておこう

英会話教室は、通学型とオンライン型に分類されており、それぞれに異なった特徴やメリット・デメリットがあります。それでまず、それらについてご紹介していきましょう。

通学型英会話教室

英会話教室に通学して英会話を学ぶタイプです。

このタイプの英会話教室には、マンツーマンレッスンとグループレッスンがありますが、英会話初心者にはマンツーマンレッスンがおすすめです。

それは、グループレッスンの場合では大雑把にレベル分けされていることがあり、自分よりも英会話能力のレベルが高い人が多いグループに振り分けられた場合では、授業についていけなくなる可能性があるからです。

一方、マンツーマンレッスンなら講師と1対1で授業を受けられるため、マイペースで英会話を学べるというメリットがあります。なお、通学型の英会話教室は、ネイティブスピーカーの講師と対面で英会話を学べるため、上達が早いというメリットもあります。

しかしその一方で、全般的に学費が高額に設定されているというデメリットもありますので、通学型英会話教室をご希望なら、学費やカリキュラムをしっかり確認した上で、実際に契約するかどうかを検討することをおすすめします。

また、入学金や授業料とは別に教材費がかかることもありますので、こちらもあわせて確認しておく必要があるでしょう。

オンライン英会話教室

教室には通わず、自宅のパソコンまたはスマホ画面を開いて受講するタイプの英会話です。

このタイプの英会話でも、マンツーマンレッスンとグループレッスンがありますが、英会話初心者には、講師と1対1でじっくりと学べるマンツーマンレッスンがおすすめです。

オンライン英会話の一番のメリットは、インターネット環境さえ整っていれば受講できるという点にありますが、全般的に開講時間の幅が広く、時間的な余裕があまりない方でも受講しやすいというメリットもあります。

また、場所を選ばず受講できるという点も、見逃せないメリットだといえるでしょう。さらに、通学型の英会話教室よりも受講料が安価に設定されているというメリットもあるのです。

しかしその一方で、オンライン英会話にもデメリットがあるのです。
まず、レッスン時間を自由に選べる可能性が高いものの、決められた日時にレッスンに通う必要がないため、モチベーションの維持が難しいというデメリットがあります。

また、インターネット環境によっては、画面のフリーズなどでロスタイムが発生する可能性があるというデメリットもあります。さらに、人気が高い講師の予約を取りにくい可能性があるのです。

そのような理由から、オンライン英会話は、受講料の安さを重視したい方におすすめだといえるでしょう。

スポンサーリンク

英会話教室にはこんなメリットが!

それでは次に、英会話を学ぶメリットについて詳しく見ていきましょう。

コミュニケーション能力アップ

コミュニケーション能力を高めるためには、まずはボキャブラリーを増やし、他者に対して積極的に情報を発信する姿勢を持たなくてはなりません。

これは日本語でも英語でも変わりませんが、母国語でない英語で他者と会話するためには、ボキャブラリーを増やさなくてはなりませんし、覚えた会話を積極的にアウトプットする必要があります。

そして、これを繰り返しているうちに、自然にコミュニケーションする力が身につくのです。

コミュニケーション能力は誰と接する場合でも必要ですので、英会話でその力を高めることができれば、それが一生の財産になることは間違いないでしょう。

また、他者とコミュニケーションをとる際には脳も使いますので、将来的な認知症予防に役立つというメリットもあります。

マンツーマンで英会話を学べる

上記でも触れましたが、英会話教室では通学型でもオンライン型でも、マンツーマンで授業を受けられます。

引用:レアジョブ英会話

どのような習い事でも初めは誰でも緊張してしまうものですが、マンツーマンで講師と向かい合えれば、時間はかかったとしてもマイペースで少しずつ慣れていくことができます。

また、マンツーマンの授業なら、苦手な部分を集中的に学習することもできますので、より短期間で英会話の理解を深めることが可能です。

段階的な学習が可能

外国語を学ぶということは、その言語を母国語としている国の文化にも触れるということです。

しかし、英会話が初めての方にとっては、言語の理解を深めるのが精いっぱいで、文化にまでは頭が回らないでしょう。

とはいっても、英会話教室では初心者に合わせた授業を展開しており、言語だけでなく文化についても段階的に学べるため、心配は無用です。

スポンサーリンク

中高年におすすめの英会話教室とは

まず、通学型かンライン型かについては、ライフスタイルに合わせて決定すればOKです。いずれの場合でも、中高年が初めての英会話レッスンを受けるためには、以下の点に注意する必要があります。

初心者や中高年に対応していること
万全なサポート体制が整っていること

初心者や中高年に対応していること

英会話教室はそれぞれに使用する教材に差があり、中には初心者や中高年にとってハードルが高い内容の教材を使用する教室もあります。

そして、難しい内容の教材を使用している英会話教室を選んでしまうと、続けることが困難になってリタイアする可能性が高まります。

セカンドライフの習い事に英会話を選ぶなら、初心者や中高年に対応した教材を使用しているかどうかを事前に確認し、ご自身のレベルに合う英会話教室を選びましょう。

万全なサポート体制が整っていること

英会話初心者に最も必要なのは、レッスン後のサポートです。

例えば、予習・復習の方法、上達のコツなどは、独学では学ぶことが難しいのですが、サポート体制が整っていれば、不安なくこれらを学べます。

このようなサポートは日本人スタッフが行うことがほとんどで、日本語で相談できるという安心感から続けやすくなります。

スポンサーリンク

まとめ

今回は、セカンドライフにおすすめの習い事・語学(英会話)についてご紹介してきました。

英会話の習得には時間がかかりますが、自分の時間をつくりやすくなった定年退職後なら、落ち着いてじっくりと学ぶことができるはずです。

英会話をマスターすれば、コミュニケーション能力が向上するだけでなく、将来的な認知症の予防にも役立つというメリットがあります。

セカンドライフの時間を利用して、さらなる教養を高めたい方は、この機会に英会話の習得を目指してみてはいかがでしょうか。

最新情報をチェックしよう!