【糖尿病】中高年1/3が予備軍以上|生活習慣病を放置しない!

中高年になると、さまざまな病気のリスクが高まり、その代表選手に糖尿病があります。

糖尿病にはⅠ型とⅡ型があり、Ⅰ型が自己免疫機能の不調で起こるのに対し、Ⅱ型は生活習慣や遺伝で発症するという違いがあります。

遺伝体質が原因の場合を除き、
日常の生活習慣(食生活、運動不足、ストレス、肥満など)を原因とする糖尿病は、
日常のセルフチェックにより早期対応が可能となります。

この記事では、中高年がⅡ型糖尿病を発症しやすい理由や合併症のリスク、予防方法についてご紹介しています。
参考:OMRON

スポンサーリンク

中高年は糖尿病を発症しやすい?その理由とは

糖尿病は遺伝するともいわれていますが、Ⅱ型糖尿病(全体の95%)の場合では遺伝だけでなく、また別の部分に原因があると考えられています。

それではまず、中高年が糖尿病を発症しやすい原因からご紹介していきますが、以下で「糖尿病」と表しているのはすべてⅡ型糖尿病ですので、この点についてはあらかじめご了承ください。

内臓機能の低下

糖尿病は、膵臓から分泌されるインスリンというホルモンの働きが悪くなることで発症する病気で、インスリンがうまく働かないことで高血糖の状態が続きます。

インスリンには血糖値を一定に保つ作用がありますので、このホルモンの働きが弱くなることで高血糖の状態が続くということですね。また、年齢で膵臓の働きが弱ると、インスリンの分泌量そのものが減ることがあり、これが糖尿病の原因になることもあります。

中高年以降に糖尿病を発症した場合では、後者に該当する可能性が高いでしょう。

糖質の過剰摂取

糖尿病は高血糖の状態が続く病気ですので、日常的に糖質の摂取量が多ければ、そうでない方よりも発症リスクが高くなります。

例えば、ごはんやパン、ラーメン、うどん、パスタなどを摂る機会が多すぎるということはないでしょうか。

これらは主食であるため、私たちの生活と切っても切れない関係にありますが、過剰摂取が長期に及ぶと、インスリンの作用が追い付かなくなって糖尿病発症の引き金になることがあるのです。

特に、飲み会後のシメとしてラーメンを食べないと気がすまない、副食よりも主食の摂取量が多いという方は、知らず知らずのうちに糖質過多になっている可能性が考えられます。

このような方は、糖尿病を予防するためにも、今一度食事内容を見直す必要があるでしょう。

参考:国立国際医療センター 糖尿病情報センター

スポンサーリンク

知らないと怖い、糖尿病の合併症

すでに発症していても、初期段階では気づかないことがほとんどで、知らず知らずのうちに進行するのが糖尿病だといわれています。

しかし、身体のちょっとした変化によって初期の糖尿病を発見することは可能ですので、まずは以下の項目に当てはまるものがないか、セルフチェックしてみてください。

・疲れやすくなった
・急に太った
・味覚が鈍くなった
・視力が低下した
・手足などにできものができやすくなった
・トイレの回数が増えた
・急に痩せた

このような症状を自覚したら、ひとまず糖尿病を疑わなくてはなりませんので、迷わず内科を受診して検査を受けておきましょう。それは、初期段階で症状を食い止めておかないと、以下でご紹介する合併症のリスクが高まるからです。

糖尿病の三大合併症と呼ばれる、「糖尿病腎症」「糖尿病網膜症」「糖尿病神経障害」についてご紹介しています。

糖尿病腎症

糖尿病によって腎臓の働きが弱くなる合併症です。腎臓には、体内の余剰水分や老廃物を体外へ排出させる役割がありますので、この臓器の働きが弱くなると、むくみなどの症状が現れやすくなります。

出典:東京女子医科大学病院 腎臓病総合医療センター

糖尿病患者は定期的に血液検査や尿検査を実施するため、糖尿病腎症はこれらの検査による早期発見が可能です。

なお、糖尿病腎症の治療には薬物療法や食事療法、運動療法などがあり、医師や管理栄養士の指導を受けながらこれらを実践すれば、進行スピードを遅らせることができます。

一方、早期発見できず症状が進行した場合では、最終的に人工透析が必要になることがあります。そうならないためには、糖尿病を発症した時点で、積極的に検査を受けておく必要があるでしょう。

糖尿病網膜症

糖尿病の発症によって血管に障害が起こり、視力の低下などの症状が起こるのが糖尿病網膜症です。

出典:NHK健康チャンネル

目にはいくつかの膜が存在し、その中のひとつである網膜は、目から飛び込んできた情報を電気信号に変えて、脳に伝える役割を持っています。つまり、視力維持に欠かせないのが網膜だということですね。

そして、糖尿病によって血管に障害が起こると、それを補う目的で次々と毛細血管が新生することになるのですが、このような新生血管はとても脆くて傷つきやすく、度々不具合を起こすことがあります。

その結果、眼底出血や視界のかすみ、視力の低下といった不調が起こることになるのです。

糖尿病神経障害

私たちの体内には多くの神経が張り巡らされており、末端にまで伸びている神経を末梢神経といいます。

神経には「感覚神経」「運動神経」「自律神経」があり、糖尿病で高血糖の状態が続くとこれらの神経が悪影響を受け、手足の先端などの感覚が鈍くなることがあります。

そして、この状態は糖尿病神経障害と呼ばれているのです。

出典:慶應義塾大学病院 医療・健康情報サイト

なお、症状の現れ方には個人差があり、人によっては手足のしびれや、足裏に紙が張り付いているような感覚を覚えることもあります。

この合併症が起こると怪我に気付けなくこともあります。こうなると怪我の悪化から大事に至るリスクが高まりますので、上記の合併症と同様に、早期発見・早期治療が重要なポイントとなります。

参考:日本臨床内科医会

スポンサーリンク

中高年の糖尿病はこうやって予防しよう

糖尿病自体が油断できない病気ですが、さらに恐ろしいのは、それに伴う合併症です。とはいえ、糖尿病は予防できる病気ですので、まずは生活にひと工夫を加え、発症しない対策をしておくことが何よりも大切です。

それでは、中高年に多い糖尿病を予防する対策についてご紹介しましょう。

食事内容や食べ方に注意しよう

糖尿病予防で最も大切なのは、きちんと食事の管理を行うということです。

糖質を過剰摂取することのリスクについてご紹介しましたが、糖質に限らず、脂質も摂りすぎれば血管を傷める原因になることがありますので、過剰摂取には注意しなければなりません。

また、食事の際に糖質を真っ先に食べると、それだけで血糖値が急上昇すると考えられていますので、野菜や肉、魚などの副菜から食べ始め、糖質の含有量が多い白米などは、なるべく後から食べることを心がけましょう。

血糖値の急上昇を抑えればダイエットにも役立ちますので、肥満気味でお困りの方にも、この食べ方がおすすめです。

1日10分程度運動しよう

有酸素運動を行うことで血流が良くなると、筋肉へ流入する血液の量が増えて、ブドウ糖が細胞内に取り込まれやすくなります。すると、インスリンの働きが活性化して血糖値が下がりやすくなるのです。

つまり、定期的な有酸素運動は、糖尿病予防としておおいに役立つということですね。なお、有酸素運動はなるべく1日10分以上行うことを目標としましょう。

そして大切なことは、有酸素運動を開始したら、三日坊主でやめるのではなく継続して行うということです。

ただし、すでに糖尿病とそれに伴う合併症を発症している場合には、運動禁止となることがありますので、自己判断せず、医師の指示に従ってくださいね。

スポンサーリンク

まとめ

中高年はⅡ型の糖尿病を発症しやすいといわれていますが、その理由は年齢による内臓機能の低下と、糖質の過剰摂取にあると考えられています。

糖尿病やそれに伴う合併症や対策方法についてご紹介してきましたが、何はともあれ、糖尿病を発症しない対策をとっておくことが先決です。

糖尿病は予防できる病気ですので、まずは予防対策を行い、糖尿病から少しでも遠ざかっておきましょう。

万が一糖尿病を発症してしまった場合、早期治療を開始することで症状の進行スピードを遅らせることができますので、専門医に相談して適切な治療を受けてくださいね。

中高年世代の食と健康に関する下記記事も参考になると思います。

関連記事

毎日採る食事だからこそ、なるべく栄養バランスが整った内容のメニューを心がけたいものです。 しかし、年齢によって食品の嗜好が変わり、知らず知らずのうちに不足している栄養素が出ててくることも珍しくありません。 この記事では、中高年に不足[…]

関連記事

人生100年時代、年齢を重ねても元気に過ごしたいですよね。 豊かな人生を送るためには健康でいることが一番です。 明治安田生命が2019年に行った、「健康」に関するアンケート調査では、50代以上の約61%が「将来の自分の健康に不安を感[…]

最新情報をチェックしよう!